いぬとねこの保険の特長と商品

このページでは日本ペットプラス少短の「いぬとねこの保険の特長と商品」をご紹介しています。保険のポイントなどをみて、ペット保険選びのお役に立てていただければ幸いです。

ポイント1 「90%」の手厚い補償プランあり!

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」の最大のポイントは、なんと言っても補償割合の高さです。

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」には、90%補償の商品があります。「保険料が多少高くてもいいから、手厚い補償を受けたい」という方におすすめです。

補償割合とは、かかった医療費のうち何%返ってくるかを示す数字です。

ペット保険で多いのは「50%70%」です。中には80%補償の商品もありますが、90%も補償してくれる商品はなかなかありません。

手を上げて喜ぶ犬

補償が手厚くなれば、保険料は高くなってしまいます。そのかわり、いざというときの自己負担をぐっと抑えることができます。

特に差がつくのが、大きな手術や高額治療、長期入院が必要なときです。

90%補償ということは、自己負担は1割だけ。大事なペットに、安心して医療を受けさせてあげることができます。

ポイント2 パールプランならワンコイン500円!

もっとも安い「パールプラン」だと、月額500円から加入できます。

ワンコインでペット保険に加入できる手軽さは魅力です。「とにかく保険料を抑えたい」という方には、うれしい価格設定でしょう。

パールプランは、高額になりがちな手術に特化したペット保険です。対象範囲を絞ることで、保険料を抑えています。

通院費や入院費の補償はありません。でも、出費が大きい手術に使える点は、大きな安心材料です。

なぜなら、ペットの手術費用は10万円を超えることも多いため。健康でも突然骨折して、手術を行うことも少なくありません。

財布を抱えて喜ぶ猫

「保険料は抑えたいけれど、いざというときの手術には備えたい」「病気になりにくい犬種だから、通院補償は不要」という方におすすめです。

また月々ワインコインで加入できるので、ペット保険初心者の方にとっても優しい商品と言えます。

ペット保険豆知識

手ごろなパールプランですが、その分制限があります。保険が適用されるのは年間2回まで、補償額は年間30万円までです。
回数制限と年間補償限度額に注意!

この回数と金額を超えると、保険金は支払われません。事前にチェックしておきましょう。

ポイント3 希望に合うプランを見つけやすい!

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」の特徴として、プランが豊富という点も見逃せません。

きめ細やかにプランが用意されているので、予算や求める補償など、希望に合わせて選ぶことができます。

ベッドで寝込んでいる犬

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」には、補償の「内容×割合」の組み合わせで、7種類のプランがあります。

補償内容で分けると3つ。トータル補償のプチチナプラン、通院限定のゴールドプラン、手術限定のパールプランです。

もしも迷ったら、フルカバータイプの「プラチナプラン」が無難です。日額制限もありませんし、回数制限もありません。

ペットプラスのプラン別


プラン名 補償割合 補償限度額 年間補償限度額
プラチナプラン 通院・入院・手術 日額制限:なし
回数制限:なし
90%プラン⇒90万円
70%プラン70万円
50%プラン50万円
ゴールドブラン 通院
パールプラン 手術 日額制限:なし
回数制限:2回
30万円

あとは、希望する補償割合を選びます。パールプランは70%のみですが、プラチナプランとゴールドプランは「50%・70%・90%」の3つの中から選べます。

月々かけられる予算を考えた上で、バランスの良いものを選ぶといいでしょう。

ポイント4 24時間OK!獣医師に無料相談できる

2018年から、24時間365日いつでも獣医師に相談できる無料サービスが始まりました。

たとえば、急に吐いた、異物を飲み込んでしまった、まったくエサを食べない。そんなときに、気軽に獣医師に相談できます。

ペットは突然体調を崩したり、思わぬトラブルに巻き込まれたりします。

特に、夜間や明け方、大型連休の真ん中など、困ったときに電話一本で相談できるのは安心です。

ペット保険の中で、獣医師による電話相談サービスを実施しているのは、ほんのひと握りです。プロの相談を無料で受けられるのは、いぬとねこの保険を利用するメリットの一つでしょう。

診断書をもった先生犬

ポイント5 5%オフ!うれしい「無事故割引」も!

日本ペットプラス「いぬとねこの保険」には「無事故割引」のシステムもあります。1年間に保険金の支払いがなかった場合、翌年の保険料が5%オフになるのです。

しかも日本ペットプラス「いぬとねこの保険」には、他にもうれしい割引制度がたくさんあります。

たとえば、ペットを複数飼っていると「多頭割引」(1頭あたり900円オフ)、マイクロチップを装着していると「マイクロチップ割引」(年間600円オフ)が適用されます。

そしてインターネットで申し込むと「インターネット割引」(5%オフ)の対象になります。

割引画像

これらの割引制度を組み合わせると、年間で数千円の値引きになる方も多いことでしょう。

特に、インターネットで申し込むだけで5%オフになるのですから、WEBでの申し込みがおすすめです。加入を検討している方は、ぜひサイトをチェックしてみてください。

  • ※1 すでに、ご加入されていたペットについても、更新時に年間900円割引いたします。また、同時に2頭以上ご加入される場合は、それぞれ年間900円ずつ割引いたします。
  • ※2 保険期間中にマイクロチップを装着された場合は、更新時の契約から年間600円割引いたします。

デメリット 小型犬には不向きの保険

最後に日本ペットプラス「いぬとねこの保険」のデメリットについてご紹介します。

これまで日本ペットプラスの良いところばかり述べてきましたが、「いぬとねこの保険」には見逃せないデメリットが存在します。とくに小型犬を飼っている方には致命的なものです。

それは膝蓋骨脱臼』が対象外であること

『膝蓋骨脱臼』は小型犬が一番かかりやすい病気であり、一回の治療費も高いので、この病気が対象外ではペット保険に入る意味がありません。

ペット保険を比較検討する犬のイラスト

小型犬を飼っている方で日本ペットプラスへの加入を検討している方は、その点を踏まえてそれでもこの保険がいいのかしっかり検討しましょう。

ペット保険の解説をする犬のイラスト

わん太先生のここがポイント!

  • 「90%」の手厚い補償プランあり!
  • パールプランならワンコイン500円!
  • 24時間OK!獣医師に無料相談できる
  • 5%オフ!うれしい「無事故割引」も!
  • 小型犬の場合、デメリットが大きい!

 このページを見た人はこんなページも見ています

保険料の安さで比較

ペット保険は保険会社によって保険料が違います。どの保険会社が安いのかを比較しています。ペット保険選びの参考にどうぞ。

アクサダイレクトの特長と商品

回数無制限、1回あたりの限度額なし。補償も、手術、通院と入院まで幅広くカバーのアクサダイレクトを紹介。

実際に診察したらいくら?

ペット保険は公的な健康保険の制度がない為、全額自己負担となります。実際にどれくらいかかるのか見てみましょう。